信用取引と株式は違うもの?

信用取引というのは、株取引のやり方の1つとして正式に認められている方法です。

どのような方法かというと、株の売買を希望する個人投資家や機関投資家などの顧客が、事前に委託保証金を証券会社に担保として預けておき、それを担保として株の売買取引を行う方法です。

最大のメリットは顧客が証券会社に預けた担保金(預託保証金)の3倍までの範囲で株の売買ができることです。

ただしこの信用取引は、利便性が高い反面で、実際には顧客が手元にもっていない資金までをつぎ込んで売買してしまう可能性もあるため、とても危険です。

利益を出しているときには問題なくても、差損がでれば一定の期間内に顧客は弁済しなければならないというリスクがあります。

仮にあなたが100万円の預託金を証券会社に預けて信用取引をはじめたとしましょう。

100万円の資金で300万円までの株式を購入することができます。

少ない資金で大儲けする可能性もありますが、株式には元本保証がないので、万一差損が出たときは、そのぶんのお金を、期限内にマッタナシで証券会社に支払わなければなりません。

当然のことながら株入門1年生というような方におすすめできるような取引形態ではありません。

株の売買を行うときは、「その資金がなくなっても生活に困らない範囲」、「預貯金総額の30%以内」、「借金をしてまで行わない」、「購入した会社の株価が上がって大儲けしても深追いせずに上がったところで株を売却する」などといった、自分なりのルールを定め実行するべきです。

先にご説明した信用取引も、言ってしまえば借金と同じです。

株取引に入門したばかりの方なら、まず自分のルール守って堅実に株の売買を楽しみましょう。

▼株取引に入門したばかりの方はこちら

Comments are closed.