8月 21
2014

証券会社選びってむずかしい?

株式入門1年生のみなさんの中には「証券会社をどこにするか、選ぶ基準がなくて不安」という方も大勢いるでしょう。

しかしある鉄則さえ守れば、それほどむずかしいことでも、不安がることでもなくなります。

ある鉄則とは以下のとおりです。

【鉄則1】 東京証券取引所に上場している証券会社を選ぶこと。

店頭に行って口座を開いて株の購入をするときも、ネット証券で取引するときもこれは同じです。

上場していない証券会社との取引は絶対にやめておきましょう。

【鉄則2】 電話での勧誘や宣伝には絶対に応じない。

よくあるケースで証券会社を名乗って「+αの特別配当」を約束し、口座開設預託金といった名目で多額の金を振り込ませる手口が横行しています。

また公開前株式の販売をセールスする手口も古くからあります。

そういう証券会社は、たいがい「東証1部上場準備室」とか「準備中」とうたっています。

すぐに電話を切りましょう。

【関連サイト:“必ずもうかる”詐欺、こんなところにご用心! | 日本証券業協会

【鉄則3】 必ず取引開始前に自分の足で店頭に行く。

店頭に行って担当者に会う。

ただしこれは店頭取引の場合で、ネット証券の場合は、「名が通っている」、「上場している」、「いまアクセスしている回線は、間違いなくそのネット証券のもの」といったことを確認できれば問題ありません。

ついでにもう1つお教えしておきます。

【鉄則4】 証券会社の担当者から、「いい株式投資商品が入った」といったようなセールスの電話が入っても、うのみにしないことです。

彼らにはノルマがあり、いい商品でも何でも、売ると決めたら会社のトップから号令がかかって、「商品をノルマとして売るだけ」です。

株式入門1年生のあなたのことを思って、親切でセールスしてくれるわけではありません。

「新商品=いい商品」ではありません。

ご注意のほどを。

This entry was posted in 証券会社選び. Bookmark the permalink.

Comments are closed.